header
header


災害時と宇宙、それぞれの知見を活かした”極限環境”における食の開発へ。

BOSAI SPACE FOOD PROJECT(BSFP)は、ワンテーブルとJAXAが様々なパートナーと共に、「防災×宇宙」の視点から新たな事業創出や社会課題解決に取組むプロジェクトです。

< 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について(2018.8.30)>

プロジェクトの背景


宇宙飛行士が滞在する宇宙環境と被災地の生活環境には、極限状態という点で実は多くの共通点があります。閉鎖的な空間、栄養不足などの健康問題、貴重な水、電気やガスなどのインフラの制限、精神的なストレス…。本プロジェクトは備蓄用食品開発の知見をもつワンテーブルと、宇宙飛行士の健康管理・宇宙食の知見を持つJAXAが出会うことで始まりました。



BSFPは被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD(「BSF」)」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指します。宮城県多賀城市に建設予定のワンテーブル製造工場におけるBSF開発の技術的実現性の検討や、自治体及び企業などと共に新規事業や公共領域の取り組みに関するフィージビリティ検討を行っています。


BSFが目指す新たなマーケット

画像

BSFが導く社会課題解決


画像


BSFPは事業領域や公共領域において様々な価値創出を目指すプロジェクトです。防災意識の醸成や教育活動の展開、さらには持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた貢献など地球規模の課題解決も視野に入れ、自治体、企業、大学、研究機関などから幅広く参画を募り、オープンイノベーション型の事業開発に積極的に取り組んでいきます。プロジェクトの趣旨に賛同し、自ら事業開発や技術開発に取り組む「イノベーションパートナー」と、社会課題解決など公共領域の取り組みを推進する「ソーシャルパートナー」の2種類の参画方法があり、自治体、企業、大学、研究機関などが幅広く参画しています。

プロジェクトパートナーの紹介と参画テーマ


(2019年3月11日時点)

(順不同)

< つくば市がソーシャルパートナーに就任! >

プロジェクトパートナー関するお問い合わせはメールにてお願い致します。

BOSAI SPACE FOOD PROJECT 事務局
( bosaispacefood.info@onetable.jp )
募集要項 【PDF表示】
応募方法 【PDF表示】
応募書類フォーマット(A.応募者情報フォーマット) 
【ダウンロード】

関連リンク

JAXA新事業促進部 J-SPARCウェブサイト

ワンテーブル 東京事務所 Tel: 03-6284-2995
(広報担当:下山 080-4126-6890)

JAXA 広報部 Tel: 050-3362-4374
ワンテーブル 東京事務所 Tel: 03-6284-2995
(広報担当:下山 080-4126-6890